自然な仕上がりでボリュームアップできる豊胸

豊胸は昔からシリコンを手術によって入れる方法が実施されていて今でも行われていますが、異物を体内に入れるため負担が高い方法でした。入れたシリコンが破れたりするリスクは現在ではほとんどなくなって安全性が高まりましたが、体質により拒否反応を起こす可能性は残っています。現在人気がある方法は自分の脂肪を胸に入れるやり方で、余分な部分から脂肪を取り出すため部分痩せにも繋がります。自分の脂肪だと安全性が高いのは、体が異物だと認識する可能性がかなり低くなるからです。

手術したばかりの時は多少反応してしまうことがありますが、専用の薬の投与などでコントロールが可能です。本来の胸のふくらみと同じく豊胸を脂肪で行うので、見た目の自然さや触った感触はシリコンよりも断然上です。痩せている体質のため取ることができる脂肪がないと悩む人も多いですが、自己判断せずに医師に診てもらうべきです。一見痩せている体型の人でも医師から見れば十分豊胸できる量の脂肪を確保できる場合が多く、体のバランスを考えて複数個所から採取を行います。

どれくらいサイズをアップさせたいか、形をどのように整えてほしいかなどカウンセリング時に医師に遠慮なく伝えることが重要です。希望があるのに恥ずかしがって答えないでいると豊胸手術後に後悔し不満を持ったりして、嬉しいはずの胸のボリュームアップが苦痛になってしまうことがあります。美しく嬉しさを感じる胸にするためにも、医師との対話はしっかりと行うべきです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です